ゼニカルと女性の画像

ゼニカルと生理中と朝ごはんについて

女性はいつもダイエットを気にしますが、生理中はあまりダイエットは気にしないほうがいいです。そしてデリケートになっている時なので、ダイエットサプリやゼニカルなどのお薬も控えて、体を温める新鮮な食材を食べるようにしたほうがいいです。ゼニカルは脂分を排出させますが、生理の時はただでさえも痛みや不調があるので、そういったお薬は極力使用はしないほうがいいです。朝ごはんも無理して食べることはないので、あったかい味噌汁を飲んだり、白湯を飲むようにするといいでしょう。

生理が始まる少し前から生理中は、ホルモンバランスが乱れるために、女性は太りやすい時期になります。この期間は食べたくて仕方がないので、1キロから2キロは増えても不思議ではないですし、生理が終わると元に戻ります。気持ちの浮き沈みも激しくなって、やけに涙が出たり不安定になったり、イライラしたりもしやすくなります。だからこの時期には、食べたい欲望は増えますが、砂糖や炭水化物は控えたほうがいいです。

砂糖は体内に必須のビタミン成分を過剰に消費してしまいますし、感情をいらいらさせたり不安定にもさせます。白米や麺類などの炭水化物は、体内では砂糖と同じようなものですから、感情に起伏を激しくさせますし、肥満ホルモン分泌を誘発するだけです。だからこそ、生理中には食べるものを選ぶ必要が出てきます。食べないほうがいいのは、体を冷やし心も体もマイナスに傾ける砂糖類に炭水化物、添加物の多いレトルト食品にコンビニで買うことができるお弁当類です。

逆に新鮮な野菜や大豆食品、魚や海藻類をスープなどで食べれば、栄養も豊富ですし体も温めることができます。生理が終わったら痩せやすい時期に入るので、そこからダイエットのスタートです。